育休を取る際の期間と条件って?

育児休暇の期間はどれくらい取れるの?

育児休暇(育児休業)の期間はどれくらい取れるの?

育児休暇または育児休業を取得する際は、期間は決まっているのでしょうか?

育児休業の期間としては、基本1年です。近頃は育児休暇を3年にしようという動きもありますが、現段階(2017年7月)では育児休業は基本1年です。ただし、条件は「子供が1歳に達するまで」という条件があります。

つまり最高が1年間だけの休職だということです。お子さんが6か月の時に育児休暇(育児休業)の申請を出したら6か月しか休めないことになります。

また育児休暇は基本1期間1回だけしか申請できません。わかりやすく言えば分割して休みは取れないということです。

例えば、育児休暇で3か月休んだとしましょう。その後、職場復帰し2か月間、仕事をしてそれからまた育児休暇を申請したとしてもそれは法律上、認められていません

ただし、基本1期間1回だけなので、子供が1人目できたあとに、2人目ができたら2期間になりますので、2回目の育児休暇申請が可能です。

こういう制度も例外としてありますが、父親の育児休業再度取得制度というものがあります。
内容は出産後8週間以内父親が育児休業を取得した場合特別な事情がなくても再度の育児休業取得を可能とする内容です。この制度を利用して、男性の場合は育児休暇を再取得することもできます。

ちなみに法律上、養育する子供実子であるか養子であるかも問いません。仮に養子であったとしても1歳になるまで、父親、母親共に育児休暇が取得可能です。

では次項に関しては、育児休暇(育児休業)の休暇期日延長制度を見ていこうと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 育児休暇の期間を延ばす方法(パパ・ママ育休プラス制度) 育児休暇の期間を延ばす方法(パパ・ママ育休プラス制度)
  2. 育児休暇(育児休業)の期間を延ばす方法(延長申請) 育児休暇の期間を延ばす方法(延長申請)
  3. 育児休暇(育児休業)を延長する際の保育園の条件 育休を延長する際の保育園の条件

育休・産休の申請方法

  1. 育休と産休の申請方法・流れ(女性編)
  2. 育休・産休中に損しないための【社会保険料免除】の手続きをしよう
  3. 育児休暇(育児休業)を育児休業申出書の書き方と申請方法
  4. 育児休暇(育児休業)を2度目・再度申請したり、延長する際の例外について

育休の期間・取得条件

  1. 育児休暇(育児休業)の期間はどれくらい取れるの?
  2. 育児休暇の期間を延ばす方法(パパ・ママ育休プラス制度)
  3. 育児休暇(育児休業)の期間を延ばす方法(延長申請)
  4. 育児休暇(育児休業)を延長する際の保育園の条件

スポンサードリンク

出産一時金をもらおう!

  1. 出産一時金を申込み時に【絶対】必要な確認事項と【2つ】の申請方法
  2. 出産一時金でもらえる金額、支払われるタイミング

出産手当金をもらおう!

  1. 出産手当金の「もらえる」と「もらえない」の条件は健康保険か国民健康保険の違い
  2. 出産手当金の計算方法と会社に申請する方法・貰い方
PAGE TOP